« うちのおばあちゃん(1) | トップページ | 風邪対策 »

うちのおばあちゃん(2)

昨日のおばあちゃんネタに引き続いて。

そんなわけで、さらに1週間後。

(私は、自分の生活とのバランスを崩さないように、時間があっても、やっぱり面会は週1と決めている。全くノータッチのお殿だけど、それでも行かせてくれるだけで感謝、感謝。)

この日のおばあちゃんは、とってもクリアだった。

遠くから、私とお母さんを見つけて、首を伸ばしてこっちを見ているのが分かった。

近づくと「やっぱり」と喜んでいる。目も力強い。

連れ出して、下の階の応接ロビーのような場所で3人でおしゃべり。ノブコ(母)は相変わらず一方的にしゃべりまくる。ノブコなりの愛情なんだろうけど、それじゃ、分からないと思うけどねぇ。まったく。しゃべりまくったと思ったら、あっという間に、仕事に消えていった。

バイバイと手を振って見送ってから「あれ?おかあさんじゃない?」とおばあちゃんが先に、受付に用があって戻ってきたノブコに気づいた。目、いいなぁ~、おばあちゃん。

ふたりになってから、おばあちゃんの歯科検診の結果を見せて、「先生が誉めてるよ、歯がいっぱい残ってますって」と伝えると首をすくめる。

おばあちゃんは、昔からカルシウムとビタミンCのサプリメントを飲んでいたことを思い出した。「あれがよかったんだね、生き証人だね。」と伝えると「割とそうかもね。」とまた首をすくめる。私も飲もう、サプリメント。

それから、おばあちゃんの部屋に戻って、乾燥肌のお手入れ。

老人性乾燥肌って、見たことない人は、想像がつかないと思うけど、ファーッと白い粉が舞うほど、皮膚が剥がれてくる。乾燥は勿論、栄養不足だったりもするのだけど。おばあちゃんも例外ではない。ズボンが白くなるほど皮膚がついていることが、前回気になっていた。だから大判のウェットティッシュを持参。見える範囲しか出来ないけどケア。手足を拭いて、保湿クリームを塗りたくる。足のむくみもマッサージ。見る見るしっとり。キレイになって私も満足。

たぶん、高齢者だけじゃないけど、ケアを怠って、どんどん不潔になったら、どんどん汚いものに見える、どんどん接するのが嫌になる。負の連鎖。そんな時こそ、お手入れして、お洒落して、接している私が満足できる状態にしたい。自己満足上等。

こんな満足感をくれるおばあちゃん、大好き。

おばあちゃんもツルンとした腕を見て、「あらまー」と言っている。よかった。

そして、毛深いのを気にしていた若い頃の話をしてくれた。おばあちゃん!それ、私にも遺伝してるよ!(笑)

おばあちゃんと話していると本当に面白い。

まだまだ長くなるので今日もこの辺で。


« うちのおばあちゃん(1) | トップページ | 風邪対策 »

コメント

おばあちゃまも調子に波があるんですね。
今回は調子が良かったみたいで、そんな顔を見れた時は安心しますね。
ウチも母が入院してた時は、それでなくてもお風呂も頻繁には入れるわけじゃなかったりするし、逆にその分、身なりには気を付けてあげてたなぁ~。
毎日パジャマを1日中着てるんだから、汚れてても汚れてなくても毎日着替えさせてあげたり。
あとね、お正月前に顔のうぶ毛を剃ってあげたらすごく喜びましたよ♪

ぽんさんが病院行ってあげたいけど、自分の生活のバランスを崩さないようにって考えてるのは正解!
だって、いつまでこの状態が続くのかわからないでしょ?
だったらそんなに根を詰めたりしないのが精神的にもいいし、やっぱり何だかんだ言ったって、お殿さんとの生活の上に全てが成り立ってるんだもんね。
私もダンナちゃんが何も言わずにいてくれて、病院にも快く行かせてくれたから、すごく助かったんだ~。
それに対しては今でも感謝してるしね。

これからも今日は調子いいなとか、今日はよくないなって事の繰り返しになるだろうけど、ぽんさんらしく頑張ってね!
長々としたコメントでごめんちゃい(>人<;)

投稿: みゆこ | 2008年12月12日 (金) 09時29分

おばあちゃんのお話は切なくなってきます。
寝たきりの舅とダブル部分もありますね。

ぽんさんのおばあちゃんは幸せ者ですよ。
こんなに、おばあちゃんのことを思いやってくれる人がいるんだもの。
ぽんさんはお若いのに、
老後と向き合って、前向きにそれを受け止めてる。
その姿勢に感心させられます。
女子力充分にある。
あふれるくらいにある!
それは、大好きなおばあちゃんがどんな状態の時であれ、
きっと伝わっていると思います。

投稿: くう | 2008年12月12日 (金) 17時28分

☆みゆこさん☆
ありがとうございますヽ(´▽`)/
お母様への体験談、素敵ですね。
うぶ毛かぁ~、いいかも(・∀・)イイ!
身なりキレイにしてあげると、しゃっきりするんですよねぇ。
「我が家」といったらやっぱりお殿との生活だから、そっちに侵食しては元も子もないんですよね。
始めは、それに気づかず爆走しかかってたんですけど、自分の母に怒られました。
両立、両立。がんばりまーす!

投稿: ぽん | 2008年12月12日 (金) 17時52分

☆くうさん☆
ありがとうございますヽ(´▽`)/
泣けてきました。
うぉーん、がんばります!
日々、いろんなことをおばあちゃんから教わっている気がします。どんな些細なことも忘れたくなくて、熱い長文になってしまっているんですが、ひとりよがりですみません。
くうさんのお舅さんも大変ですね。
ホント、切ないし考えさせられることたくさんだけど、状況が切ない分、せめてプラスを見つけたいという損得勘定むき出しな私なのかもしれません。
それでいいのだ!と思ってます。

投稿: ぽん | 2008年12月12日 (金) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うちのおばあちゃん(1) | トップページ | 風邪対策 »