« 小さくて頼もしい存在 | トップページ | 大掃除・・・しなきゃ »

うちのおばあちゃん(3)

先日の続き

保湿ケアが終わると、私なりのリハビリ。専門外だから分からないけど、とりあえず手や足、背中を曲げ伸ばし。おとなしく言うことを聞いてくれる。力はあるけど、関節が固い。関節が伸びなければ立つことは出来ない。

立つ練習は、怖いみたい。でも前より動きがよくなっているように思う。先週は急降下したと思えた動作も、なかなか動きがいい。立ち上がりも怖がる割りにいい。私に捕まらせて背筋を伸ばして10秒保持。震えない。ワッホーイ。

座らせると、大きなため息。

「おばあちゃん、疲れた?」と聞くと「心が疲れたぁ~」と答える。

爆笑。おちゃめ。

祖母:「そろそろ着物でも着て、きちんとした写真を一枚撮らないと。」

私:「うーん、まぁ、そうだけど、おばあちゃんは100歳までがんばって、市役所から表彰されないと!あと10年以上もあるよ!」

祖母:「表彰?それはされたいわねぇ~。がんばるぞー!」

私:「そうだよ、私の友達もみんな応援してるんだよ。」

祖母:「それはそれは、どうもありがとう。ありがたいねぇ。」

あぁ、かわいいな。

おばあちゃんとの会話。


« 小さくて頼もしい存在 | トップページ | 大掃除・・・しなきゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小さくて頼もしい存在 | トップページ | 大掃除・・・しなきゃ »