« 【LIVE】さざなみOTR(スピッツ) | トップページ | ノブコ、韓国ドラマにはまる »

私に出来ること

いつものようにおばあちゃんの面会。

おばあちゃんの病棟には、高齢者ばかり。

その中でも日中車椅子に乗れているレベルの人はほとんどいないです。

だから大抵ぽつんとひとりか、看護師さんの仕事の側に座らせてもらっているか。

いつものように看護師さんに挨拶をして、靴下を履かせて、カーディガンを着て、散歩に連れ出しました。

売店でジュースとお菓子を買って、外のベンチで一緒に飲むのがお決まりのコース。

祖母:「風が気持ちいいねぇ~、空がきれいだねぇ~。」

出来るだけ季節を感じてもらえるように、紅葉を見せたり、落ち葉の話をしたり、雲の形を観察したり・・・。

それでも、院内に戻ると、今が何月か、どんな季節か、そういうことはわからなくなってしまいます。誰よりも季節の花を愛し、季節ごとの日本の伝統も教えてくれたおばあちゃん。だから余計に一瞬でも季節の風を感じてもらいたいと強く思います。

散歩の後は、リハビリに立ち会いました。

担当の先生ともすっかり顔なじみ。

3人でいろんな話をしながらベッド上で、関節のマッサージ。

念入りに足を曲げ伸ばししてもらっています。

だいぶ関節が固まってきてしまっているなぁ・・・という印象。

そして、バーでの歩行練習。

ここ1ヶ月は嫌がって歩いてくれないとの話でした。

先生:「お孫さんにがんばってるところ見てもらわなきゃ。」

私:「お孫さんにがんばってるところ見せて。」

始めは「怖い」と嫌がったものの、私が得意の褒めまくり大作戦。

私:「あれ?おばあちゃん!さっきよりスムーズに立てたんじゃね??」

私:「あれれ?いい感じ!立てちゃってるんじゃね?」

私:「あれー?!一歩前に出せちゃうんじゃね?」

連続で浴びせかけられる私の言葉に、しまいには笑い出すおばあちゃん。

我が家の血筋は、褒められて伸びるタイプなのだと、確信しています。

私がそうだから。(笑)

先生の予想を超えて歩いてくれたので、ゴールの椅子を私が少しずつ遠ざけて、騙し騙しバーの最後まで行くことが出来ました。(笑)

先生:「少し休憩したら来た道、戻りましょう。」

「疲れた~」と言っていたので、しばらく休むのかと思ったら・・・

祖母:「じゃ、戻りましょう。」

自ら再開することを申し出たのです。

私:「すごいじゃん!」

そして、またがんばって歩いてくれました。片道5メートルあるかないかだけど。

今までだったら一歩足を出すだけでも大変だったのに・・・。

バーを往復できたのでリハビリ室から拍手が起こりました。

それほどにここ最近は出来なかったことをしてくれたのです。

やっぱり応援がついていると違うな~そんな思いでいた私。

ところが、リハビリから病棟に戻ってくると

祖母:「そろそろ帰ろう。」

一緒に家に帰ろう、そう言うのです。

よく考えてみたら、私も母も「歩けるようになったら家に帰ろうね。」そう言ってきました。だから、一生懸命、歩ける姿を見せてくれたのかもしれません。家に帰りたいから。

言葉に詰まりました。

涙も出そうになりました。

ごめんね、ごめんね。

私が出来る限りのことをするからね。おばあちゃんにもらってるたくさんの感動のお返しを出来るようにするからね・・・そんな想いを込めて両手を握って、病院を後にしました。

おばあちゃんがくれる、普通だったら考えもしない気持ち。嬉しいことや悔しいこと。全部が大切な贈り物だと思って、しっかり受け止めようと思います。無駄にしないように。

元に戻してとは思いません。

どうか残りの時間を幸せに過ごしてもらえますように。


« 【LIVE】さざなみOTR(スピッツ) | トップページ | ノブコ、韓国ドラマにはまる »

コメント

おばあちゃま、リハビリ、頑張っていますね。
でも、頑張ればお家に帰れるって思ってるのが、切なくて辛いですね。
病院や施設にいると、お見舞いに行けば「帰ろう。連れて帰ってくれ」って本人さんは言いますね。
出来る事なら連れて帰ってあげたいのに、無理だから、余計に辛いですね。
ぽんさんがタイトルに「私にできること」って書いてるけど、ぽんさんにしか出来ない事、そして、ぽんさんだからこそ出来る事っていっぱいありますよ。
出来るだけ色んな事をしてあげて下さいね。
おばあちゃまのためにも、ぽんさん自身のためにも。
「してあげられるうちが花」ってよく言うけれど、ホントにそうなんだって事は後からわかってくると思うんです。自分の経験上・・・。
頑張ってね、ぽんさん!
なんかエラソーに書いちゃってごめんなさい。

投稿: みゆこ | 2008年10月17日 (金) 17時02分

☆みゆこさん☆
ありがとうございます(≧∇≦)
そうですねぇ、出来るだけのことをしたいと思ってます。
バランスって難しいけど・・・。
やってあげたい人、あげたいこと、たくさんある人生は幸せなのかもしれないですね。
過酷な状況の人がいっぱいだけど、がんばりまーす。

投稿: ぽん | 2008年10月17日 (金) 17時53分

いつも、ポンちゃんのブログ読んで考えさせられてる。

私には、祖父母は他界していないんだけど、自分の親も
だんだん歳を取って老いていく。

夫婦だって、一方が重い病になったとき、離婚するケースも多いとか。

今、健康だから愛しているのか。病で辛いときも、精一杯力になってあがられるのか。
義理の両親との同居、今後ずっと元気でいて欲しいけど、
色々考えちゃうよ。

褒める。上手にできない私、ポンちゃん見習いたいです。

月曜日、会えること楽しみにしてるね!

投稿: | 2008年10月18日 (土) 15時57分

刺激は大切だよね。
何でもいいと思うけど。

フツウの毎日が当たり前と思わない事。
ポンの日記読んでいつもそう思わずにいられない。

投稿: みんみ | 2008年10月18日 (土) 16時19分

☆rucyさん☆
きっと必要以上に考え込む必要はなくて、
その状況になれば、自然といろいろ出来るというか、
やるしかないというか(笑)、大丈夫!
高齢化に向けて、今はたくさんの援助がいろんなところであるから全部家族が背負う必要も全くないんだよ。

一番必要だと思うのは、自分が健康でいること!
元気に明るくモリモリとヽ(´▽`)/
そうすればなんとかなる!!

投稿: ぽん | 2008年10月18日 (土) 20時01分

☆みんみさん☆
そうなの。
お義父さんが、ずっと水しか飲めなくて、久しぶりにお茶を飲んだときに、心底「うまい」って言ったのが忘れられないよ。
好きなものを食べられること、いつも当たり前のことがとっても幸せなことなんだなって思うよ。
本当にいろんなことに気づかされる毎日です。

投稿: ぽん | 2008年10月18日 (土) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【LIVE】さざなみOTR(スピッツ) | トップページ | ノブコ、韓国ドラマにはまる »