« 聖闘士星矢 | トップページ | いつの間に豪邸?! »

車椅子暴走族

おばあちゃんの面会。

いつものように車椅子でウロウロしている祖母。

母の主治医からは「車椅子暴走族」と呼ばれていたりする。

そんな祖母を連れて売店で飲み物を買って、外に連れ出す。

残暑の厳しい日差しを浴びて、暑がる祖母。

りんごジュースを一気に飲み干す。

祖母:「暑くて溶けちゃうよ~」

またしてもおちゃめなことを言っている。

昼食に立ち会ったが、やはり食欲はない様子。

ほとんど手をつけない。

その後、歯磨きをして、ドライシャンプーしてから髪をセット。

私:「さすが私がセットしたから、おばあちゃんとっても素敵!」

祖母:「あらまぁ!うふふ!」

身だしなみって大切だと思う。

不思議なことも言ったりするけど、一緒に来ていた父の名前をはっきり呼んで、「お昼は食べたのか?」とたずねる。

周りの人に気を使っているときはシャンとしている。

緊張感ってのが出るのかもしれない。

名前を呼ばれた父も嬉しそうな顔をしていた。

名前を呼ばれて嬉しいって思えるのは、認知症の祖母に呼ばれるから格別なわけで、こんななんでもないことでも「幸せ」をくれる祖母と会うのが私は楽しくて仕方ない。

そして、このなんでもないことが、いつまで出来るかわからないという現実もまた、今のこの時間を最高に愛おしい瞬間にしてくれているのだと思う。大切にしなきゃいけない。

それはそうと、クレーム以来、看護師さんの対応が変わった気がする・・・。とても感じが良くなった。人によるのかもしれないけど。担当の看護師さんは名前を名乗ってくれたり、挨拶しに来てくれた。他の看護師さんもいろいろ気を使ってくれるのが分かる。

(一緒にいた父が一見ヤ○ザみたいな風貌だからかもしれない・・・。(笑))

煙たがられているのかもしれないけど、その結果がこういう変化につながるなら、常識の範囲内で、意見をする毅然とした態度も必要だと思った。

そして、その気遣いに対しては素直に感謝の気持ちを伝えていきたい。

「ありがとうございます」と今回は気持ちよく言えた。


« 聖闘士星矢 | トップページ | いつの間に豪邸?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 聖闘士星矢 | トップページ | いつの間に豪邸?! »