« 怒ってます。(愚痴&愚痴) | トップページ | パーマネント »

おちゃめばあちゃん

介護ネタが続いちゃうけど、そんなわけで帰宅していたおばあちゃん。

私が関われたのは1日だけだけど、本当におちゃめ。

オムツ交換も、いくらぼんやりしているといっても、そりゃ、嫌だろうよ・・・。

ばあちゃん:「ごめんねぇ、ごめんねぇ」

しょんぼりとした背中。

私:「おばあちゃん、私、こういうこと勉強してるからいいんだよ、プロなんだよ。」

ばあちゃん:「でもホント、勉強にはなるからね。」

私:「(笑)、ホントだよ!学校で一番の優等生になっちゃうよ!ありがたや~。」

ベッドに寝かせているおばあちゃんが、ろくに動けないのに無理やり動いて何度か下に落ちてしまうことがありました。

その法則は、決まって排泄した時。

自分で着替えようとタンスに向かっているのです。

病院で転落したときも、きっとこういう理由があったんだろうな・・・。

オムツにしちゃっていいんだよ・・・って言ったって、苦痛だろう、胸が痛い。

私が24時間張り付いていられればいいんだけど、それも出来ない・・・。

病院では、転落を防ぐために紐で縛られています。

それは絶対にやりたくないので、ベッドをしまって、布団にしました。

家に帰ると食欲もあります。

それでも、私が大人になっているのが、おばあちゃんの世界では不思議なことだったのか、「ばかに背が大きくなったんじゃないのかい?」と言われることもありました。

お嫁に出ているなんて思いもよらないのか、私が体位を変えたりすると、「いいお嫁さんなるよ」と言ってくれたりもしました。

帰り際、いつもの会話。

私:「おばあちゃん、私、帰るね。エネルギー入れていくね。」

手を握ります。

ばあちゃん:「こっちの手も。」

もう片方の手を差し出すおばあちゃん。

なんておちゃめなの!!

もちろんギュウッと握ります。

ばあちゃん:「入ったぁ~」

と、ニコニコ笑って、自分の手にチュウをします。かわいい・・・。

私:「私、帰るね。」

ばあちゃん:「そっちの生活もあるんだから、そんなに心配して来なくてもいいんだからね。まずは自分の生活を大切にして。お母さんも大切にしてあげて。」

戻ってきた。時間が合った。そんな風に思える言葉を口にすることもあります。

たくさん関わってあげられればいいんだけど。

実際は、この後、母が何度も祖母に呼ばれたり、夜眠れなかったり、そんな介護の大変さを聞かされると、課題は山積みだってことにも直面します。

環境を整えれば、母にも祖母にもいい答えが見つけられるとは思うのだけど・・・。

そのために私が勉強してきたのだから。

過酷な現状を見るのを嫌がる妹も、たまに顔を出して、ハデハデな格好でおばあちゃんに刺激を与えたりはしてくれました(笑)

しかも、私がメールで「協力してあげて」と言ったからか、病院に戻る際は、車への移乗などを妹も手伝ってくれたらしいです。

協力者はひとりでも多い方がいい。偉いぞ!妹よ!

エイエイオーッ!


« 怒ってます。(愚痴&愚痴) | トップページ | パーマネント »

コメント

ベッドをやめてお布団にしたのはいいですね!
病院ではこういう対応は衛生上の問題もあって難しいでしょうけれど。

投稿: このは | 2008年8月25日 (月) 15時36分

☆このはさん☆
病院だと厳しいですよね。
特養ではベッド下に布団敷いてました。クッションに。
自宅だと畳だから、さらにクッションにはなるみたいですが、安全第一なので、布団にしました。
今度は車椅子への移乗が大変ですけど(涙)

投稿: ぽん | 2008年8月25日 (月) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怒ってます。(愚痴&愚痴) | トップページ | パーマネント »