« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

淑女会~ロテスリーレカン(銀座)

本日は、短大ご学友との淑女会。

仲間のひとりがめでたくこちら側(三十路)に追加です。

そんなアニバーサリーを盛大にお祝い。

例のごとくちょっと洒落た店でフレンチを堪能。

今回はワタクシがお店をセレクトさせていただきました。

ロテスリーレカン

カジュアルフレンチでーす。

改装したばかりだったので、以前来たときより清潔感が増した気がします。気軽にフレンチが楽しめる良いお店です。

素敵なプレゼントも用意できて、喜んでくれたようです。

こうやってみんな集合できてワイワイお祝いできる仲間っていいなって毎回ほっこりさせられます。

みんなで素敵な淑女になろうネッ!!

ノリ、お誕生日おめでとうッ♪

| コメント (2)

蝉地獄

セミ・・・驚かすのはいい加減、勘弁してくれ。

アパートには最近、転がったセミ達が溜まっています。

いきなり驚いたセミが狂ったように飛び回ります。

こっちのほうがよっぽど驚きます。

先日も帰宅後洗濯を干そうとベランダに出ると、網戸にしがみついていたセミが暴れまくり、なぜか私に突進してきます。

ギャーッ!!叫んでしまいます。

しばらく格闘のすえ、部屋に逃げ戻りました。

少ない命を懸命に生きているのね・・・と理解してあげたいものの、やっぱり驚きます。

セミの恐怖です。

| コメント (2)

こんな三十路。

先日、家を飛び出す直前にチョコレートのスティックパンをかじっていました。

236_choco そのまま電車に飛び乗り、ふと口の周りに手をやると、べったりチョコレートがついてきました。

い、いつから?!

私の固まる姿を見て、隣の人が「ようやく気づいたか・・・」という表情を浮かべチラチラこちらを見てました。

こんな三十路です。

いかがなもんですかねぇ・・・。

| コメント (0)

苦い朝焼け

30年生きると、色んな想いをするものですな。

苦い夜明けを経験するたび、前回の苦い想いは「なんだ大したことなかったんだね・・・。」と思えるようになります。

上手くできています。

自分が辛いならまだ自分との戦い、相手は自分なので、全然いい・・・。

大切な人が苦しむ姿を見ていることが一番辛い。

自分ではどうしようも出来ないことだから、余計にもどかしい。

今回もそんな朝を迎えました。

一生忘れない瞬間なんだろうな・・・と、車を走らせながら朝焼けをにらみ続けました。

油断すると全てが足元から崩れそうな気持ちになるときがあります。

辛く苦しい経験を生かすも殺すも自分次第。

ただでさえ苦しい思いをしたのなら、それをプラスに活かさなければ損ばかり。

こんなときでさえ損得勘定できるなら、まだまだ大丈夫。

私には今まで積み重ねてきた、いろんな経験があるし、それを一緒に乗り越えてきた家族がいるし、支えてくれる友人がいる。

辛いことを乗り越えるたびに、より強く周りのありがたみが身にしみた。

今回もまた、素敵な想いをたくさん手に入れることが出来るはず。

自分がしおれてちゃ、それさえ吸収できないもんねーだ。がーんばろ。

| コメント (3)

氷菓

今年は暑かったので、とにかくアイスコーヒーとアイスは食べまくりました。

会社に入る前に隣のコーヒーショップにほぼ毎日寄り、アイスアメリカーノを片手に出勤。

しかも、でかいサイズ。無駄遣いと分かっていてもやめられない。

そしてアイスも箱買いしたり、帰り道に買い食いしたり。

先日は、やる気のなさに拍車をかける会社のサーバーの不調で、ほとんど仕事も出来ずに同僚のNちゃんと脱走。

ガリガリくんコーラをふたりでかじりつつ愚痴を言い合いました。

なかなかいい時間でした。235_ice

帰り道にスーパーで買い物をして自分用のアイスも買って、歩きながら食べると、あまりの暑さにあっという間に溶けて、半分も食べないうちにボタッっと道路に落ちました。

衝撃のあまり「なー!」と叫んでしまいました。

総帥、大口だから食べるの早いのに、それでも溶けちゃうなんて・・・。あんまりだ。

悲しかったデス。

こんな30歳デス。

| コメント (2)

教えてあげたい。

先日、深夜の帰り道。

人気のない住宅街を歩いていると、エンジンをかけた車が停まっていました。

初心者マーク付きのマーチ。

ニャッ?!

普通に民家の前でいちゃつく若い男女。

その横を凝視しながら通り過ぎる総帥。

向こうもチラッっとこっちに気づいたものの、まいっかみたいな感じ。

なるほどね・・・甘酸っぱいやつらめ。

免許取りたてで、彼女乗せてウキウキしてるのかな。

でもさ、ここはまずいよ・・・お前さんたち。

少し行けば、家がないところがあるから、そっちに行きなさい・・・。

ホント、もう少し落ち着いてみれば、絶対にそこはまずいと気づくはず。家が密集してるしさ。ちょっと曲がれば死角なのに・・・。

すっごい教えてあげたい・・・。総帥のそんな夜でした。

| コメント (2)

防犯。

総帥の家の周りは、めっぽう治安が悪いです。

といっても、総帥は遭遇したことがないけど、空き巣、ひったくり、変質者・・・オンパレードらしいですよ。

警察は勿論、市役所のパトロールカー、小学校のボランティアのパトロール隊もよく見かけます。注意を促すポスターやのぼりもたくさんあります。

そんな中、夜中であろうと一人で人気のない道をズンズンたくましく進む総帥。

233_bouhanひったくりだけは、絶対許せないので、カバンはいつも斜めがけ!盗られてたまるか!

武器として大抵身につけている日傘、携帯も片手に準備。

そんなやる気満々な総帥には、特に犯罪の香りは漂ってきません。

おかしな人に声をかけられることはよくありますが、まだ日傘で対抗したことはありません。

そうはいっても、危険は危険なので、みなさん夜道には十分気をつけましょう。

| コメント (0)

ペルセウス座流星群

そういえば・・・。

お盆休みの期間に出現するとニュースで見た、ペルセウス座流星群。

見たい!見たい!見たーい!

一通り騒いだ総帥、やる気のなかった旦那を煽り、近くの土手に見に行く約束を取り付けました。

朝方がいいとのことだったので、午前4時前にはスタンバイしよう!と勢いよく目覚ましをセット。

・・・。234_peruseusu

いささか、お墓参りの長時間運転がたたった総帥。

気づいたら普通に翌日の昼前でした。

えぇ?!

夢でうっすら「行かなくちゃ、日が昇っちゃう・・・」とうなされた記憶があります。

あれは夢じゃなかったんだ・・・。

残念・・・。

| コメント (0)

暑さピーク越え

うだるような暑さがようやくピークを越えましたね。

昨夜、久しぶりに涼しい夜を実感。

「あ、涼しい・・・」と声に出してしまいました。

あれだけ暑ければ、例年通りの気温で十分秋を感じます。

なんだったんだろう、あの暑さは。耐え難い暑さでした。

クーラーが苦手な総帥も、寝るときはずっとドライ28度で過ごしていました。そうじゃないと眠れない。冷たい飲み物はがぶ飲み。アイス食べまくり。

でも調子に乗って体を冷やしすぎたのか、夜中に猛烈な腹痛に襲われました。

やー、女性にとって冷えは大敵です。

痛すぎて冷や汗だくだく、のた打ち回って、意識朦朧、救急車寸前。

ホント、「救急車呼んで!」と旦那をたたき起こそうと思いましたが、鎮痛剤が効いてきてなんとか乗り越えました。人生で3本の指に入る激痛でした。

出産とかはこんな痛みじゃないのだろうな・・・と思うと、世の中のお母さんたちには尊敬です。すごいよ、あんたたち。

やー、酷暑でいいこと(?)もありました。

232_beer ビールが美味しい!!

総帥、お酒がめっぽう苦手でビールもひと口、ふた口しか呑めなかったんですけど、今年はグラス1杯は自分で呑めるようになりました。(レベル低ッ)

ビールって美味しいネッ。なんか大人だネッ。

十分、大人な年齢です・・・。

| コメント (0)

フェローズ パフュームネイル

先日、日比谷をフラフラしていて、あるコスメ店で「フェローズ パフュームネイル」なるものを発見。

「3日以上香りが持続の隠し技!指先から漂うフェロモン&バラの香り」と書かれていました。

フェ、フェロモン?!

気になる単語『フェロモン』なのです。

トップ&コート&香水の1本で3役とのこと。

いいじゃない!!お試しが出来たので使ってみました。

薔薇!!

その場では結構きつくて気持ち悪くなったので購入はしなかったけど、翌日辺りにはほのかに香る感じ。

確かに3日保っています。いいかもしれない。

ただし、食事を作るときとか、やっぱり気になるので、お出かけのときくらいしか使えないかな・・・。

| コメント (4)

母校の校歌

先日、総帥の母校が残念ながら甲子園初戦敗退してしまいました。

運転しながらラジオで夢中に応援しました。

とてもいい試合だった・・・。がんばりました。

そして、この甲子園のおかげで、総帥は今でも母校の校歌を暗記しています。

それってなかなかないことだと思うのです。

校歌ってまじめに歌う年頃じゃないし、暗記まではしていないんじゃないですかね?

甲子園常連校でもある母校のため、何度も応援で歌ったし、卒業しても耳にします。それって嬉しいことです。

| コメント (4)

静かなる老い

私の夏休みと言えば、ほぼ毎年、お盆のお墓参りの運転手をします。

祖母と母と3人で。

実家から離れた場所にお墓があるためかなり男前に車を走らせます。

300キロひとりで激走。

旦那と出かけるときは「運転できな~い」と女の子ぶっていますが、真っ赤な嘘です。

嫁に出てからは、親孝行と言ったらこれくらいしか出来ないから、文句を言いつつも、毎年行きます。

でも、今年は「もしかしたら3人でのお参りは、これが最後になるかもな・・・」と残酷なほど冷静に思ってしまいました。

というのも、祖母は85歳。かなり高齢で座っているだけでも長時間は大変。チャキチャキのおばあちゃんが、今では歩くのも危なっかしい。助手席にちょこんと座る祖母。会話は問題ないものの、ついさっき話したことも覚えていません。

悲しいけど確実に着実に、ゆっくりと静かに時間は過ぎていると認識せずにはいられなかったのです。非常識かもしれないけど「その時」が確実に迫っていると、胸が締め付けられつつも受け止めなくては、と言い聞かせている私がいました。

今すぐどうなるってことじゃないし、そんなこと考えているのはおかしいのかもしれないけど、この時間を大切に過ごさないとと思いました。

物心ついた頃からずっと変わらずにお墓参りに来ています。以前とまったく変わらないお寺。その風景にいる祖母と母。記憶にある一番古いその風景の母の年齢に私はどんどん近づいているわけです。あの頃の祖母の年齢に母が近づいている。

今、お寺の階段を母の手を借りて登る祖母。

そのふたりを遠くで眺めながら、今年3人でまたお参りに来ることができた幸せと、どうにもならない時の経過の切なさを感じました。

なかなか難しいことではあるけど、今私が出来ることを、祖母、そして親たちにしてあげなければと思うのです。

どんな人にも平等な「時の経過」の前に、私は目を逸らさずに前を向きたいと改めて思った1日なのでした。

そんなこといっても、来年も勿論元気にお参りしたいです。うん。

| コメント (0)

久々のノブコ旋風

恒例のお盆のお墓参り。

ノブコは早朝シフトの仕事だというので「9時にお店に迎えに来て、そのまま行くから」とのことだった。

9時といっても時間通りに出るノブコじゃないので、9時半目安に祖母を連れてノブコの店に顔を出すと・・・。

「アラッ!早かったじゃない!」

この時点で30分遅れているのでそんなわけない。

嫌な予感・・・。

「お母さんまだまだ来ないと思って着替えに帰ろうと思っていたのよ!着替え持ってないし。」

なんだと、コラァ?!(´^ิ益^ิ`)

般若の形相の私を見て、周りのパートさんがフォローに入る。

結局、車の中を探して予備の着替えがあったらしいので、問答無用で連れて行った。

まったく、ノブコの自由奔放ぶりは相変わらず健在なのだ。

| コメント (0)

夏物最終セール

帰りの時間がちょうど同じくらいだったので、駅ビルでお殿を待っていた10分間で、気づいたら、スカート1枚、パンツ1枚、ニット2枚を買っていました。

意識を取り戻してビックリ。

あれ??

だってさー、通りすがりに「本日より夏物最終セールです。店内3000円均一です。」っていうからさー。

ニットは1900円だったんだよぉ~。

紙袋をぶら下げて駆け寄る私を怪訝な顔で見るお殿。

「エヘッ、安かったからさ♪可愛くなろうと思って洋服買った。」と意味のわからない説明をしてみた。

ただし、最大の過ちはめんどうがって試着をしなかったこと。

やー、この夏の暑さのせいか、ノンフェロモンの体のせいか、スカートもパンツもサイズが合わねー!!!ブカブカじゃんかー!!!

安物買いの銭失い。

| コメント (0)

眉カットで気づいたこと

日比谷シャンテにある「15min biew's」で恒例の眉カットをしました。231_mayu

毎回、この眉カットで途中クラクラするな・・・と思っていたんですが、今回も変な汗をかいてきました。

なぜだ・・・私のほうに向いている照明のせいか?

いや・・・違う。

息を止めてた!!

眉をカットされている間、目を瞑って、動いちゃいけないと思うからか、無意識に息を止めていたみたいです。

気づけよ!!

| コメント (2)

【芝居】レグルスのガラスの翼

会社を飛び出して、劇団シアターキューブリックの「レグルスのガラスの翼」を恵比寿エコー劇場まで観に行ってきました。

なぜって、中学時代の友人が出演しているから。

彼の舞台は以前も観劇させてもらったことがあるけど、どんどん味が出てきているように思うし、それを客席から見守ることが出来るのは幸せなことだなぁ~って母心でした。

ストーリーは、ファンタジーの世界。

空の国の王族と地上の人間を結ぶ一人の青年(王子)をめぐる大冒険。

規模がそこまで大きくない劇場で、そんな壮大なストーリーをどう表現するのかなと、観劇前は思っていました。

でも、実にうまく演出が出来ていたと思います。空の国の人々が飛翔するシーンなんて、下手すれば残念な結果になってしまうところ、動きや衣装、照明、音響でとてもよく表現出来ていたし、その世界に引き込まれました。

役者陣のパワーが客席まで届いた素敵な舞台だったと思います。

終演後、役者と面会が出来るというので、列に並んで待っていると、楽屋前で友人に会うことが出来ました。すごく久々なはずなのに、ついこの間もあったような感覚になるのは、昔からの友人の不思議なところです。

とにかく、なにかに一生懸命な人たちのエネルギーに触れるのって楽しいです。

いいリフレッシュになりました。満足。

| コメント (0)

食の安全性

中国・・・。

どうなってるんですかね、中国産をやっぱりどうしても避けてしまいます。

情報が氾濫しているので、振り回されちゃいけないと思いつつ、やっぱり怖い。

中国でもいいところ、素敵なところはもちろんたくさんあるんだろうし、それ以外の国が安心かと言ったら必ずしもそうじゃないでしょう。

国産だっていろいろあるはず。

直接自分の体に入れる「食」については、真剣に考えなければいけないのかなと思います。

って言ってるそばからカップラーメン食べていたりしますけどね・・・。

見直そう、食生活。

| コメント (2)

ご老体

健康診断の結果が返ってきました。

・・・。

はふぅ~、なんかご老体らしいですよ。

知ってましたけど。

「軽度異常」のスタンプが悲しかったです。

体メンテナンスを頑張ろうと思います。

うん。

| コメント (0)

花火大会

夏の風物詩、花火!!

総帥の街での花火大会がありました。

駅から遠いこの家で唯一よかったと思える日。

土手には5分で出れるので、会場から少し離れているものの、とってもいい場所が取れます。

大満足。

いいな、日本の夏・・・。

妹とその彼も来るはずだったのですが、妹が残業で結局合流できたのは花火終了後。

4人前の弁当をふたりで食べてしまったのが反省点。

ビールが苦手な総帥も、暑い夏は「ビールっておいしいかも♪」とさえ思えてしまう。

そんな夏も嫌いじゃないです。

| コメント (0)

しゃべり倒す時間

以前の会社の同期と銀座で飲みました。

渋めの居酒屋のカウンターで、出汁巻き玉子なんかをつつきながら、お互いの近況を報告。

最近のストレスなんかをぶちまけました。

しゃべるっていいね。

声がかれるくらいしゃべり倒して、結局心地いい疲労感とスッキリした心で帰宅。

「聞いてよ、聞いてよ!」って話し合える友人がいることの幸せを再確認した夜なのでした。

| コメント (0)

妹のファッション

妹ネタが続きますけど。

先日、うちに泊まりにきた妹は、結構肌の露出がある服を着ていました。

しかも、もともとはかなりの色白のくせに日焼けとファンデーションで小麦色の肌。

これには妹なりの考えがあるらしいのです。

ぽっちゃり気味な妹は、ある程度露出したほうが、見栄えがいいとか。

そしてそのためには色白だといやらしくなるので、元気いっぱい小麦色の肌にしているとか。

なるほどね・・・確かに。

うちの妹があのライン以外のファッションに走ったところで、垢抜けないかも。

まー、汚らしくならない程度ならいいのかもね。

でも、うちに泊まりに来たときは、お殿も帰ってくるし、それまでにはちょっとまともな部屋着に着替えさせなきゃ。谷間とか見えたらちょっといやらしいしね・・・と、私の服に無理矢理着替えさせました。

ニャーッ!!

なんかさっきよりもセクシーになっちゃったよ。

あれ?!

私のスウェットとタンクトップ・・・いつもと違う。

私が着たときと全然違うー!!

た、谷間か・・・その違いか・・・。

妹:「ねぇ、お姉ちゃん、こっちのほうがまともなの?」

姉:「・・・おかしいね?」

お姉ちゃん愕然・・・。

体系の違いって恐ろしいッすね。

| コメント (0)

妹と私

この時期、車の保険の更新があるので、昔からお世話になっている保険屋のおじさんが尋ねてきます。

そして、毎年、同じことを言います。

「や~、妹さんと全然違うね~。妹さんはなんていうか・・・活発だね~。似てないね~。」

そう、妹と私は見た目かなり正反対のタイプ。

小さい頃から私たちを知っているおじさんは、実家を出た私の家に訪ねてきては必ず妹と私を比較します。

私は免許を取ってから無事故。

保険のお世話になったことはありません。

妹は・・・結構やらかしてます。

自分が悪いわけじゃないんだけど、今年も新年早々ぶつかられたり。

そんなわけで、私がよほど優等生に見えるんでしょうね。

見た目も地味で、化粧っけもないし、年配の方に好かれる外見なので。

妹は・・・うん、ギャル♪

歳も歳だけど。小麦色の肌を元気に露出しています。

でーもー、実は妹のほうがよっぽど常識的だったりするところもあります。

私が腹黒いことを言うと、呆れ顔で私を諭す妹。

私が危険なことに首を突っ込もうとする(例えば怒鳴り声が響き渡る方へ行ってみたがるとか)と、必死な声で私を止める妹。

外見だけではわかりませんな。

| コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »