« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

目指せ!お料理上手

ということで、欲しかったものティファールを購入しました。

4年使った安物のフライパンがすっかりテフロン加工がはがれ、焦げ付きまくりだったのでキーッ!と購入を決意。

しかも、会社帰りにいつものダイエーに寄るとたまたま発見!

フライパン2つ、鍋2つのセット。

もちろん取っ手が取れるヤツ。

ただし、勢いで買ってしまったので、帰り道が辛かった。

結構大きい箱を抱えながらヨロヨロと20分近く歩く総帥。

車で買いに来ればよかったじゃないか!と自分を責めました。

でも、その日までが特売だったからしかたない。

翌日筋肉痛になりましたけどね。

その甲斐あって、すごい使い勝手いいです。

軽いし、洗って食器カゴに置きやすいし、そのまま食卓に出せるし。

楽しいです。

いつまで続くか分からないけど、今のところ料理が楽しい。

| コメント (4)

ピクルス、その後。

先日、ピクルスを漬けました。

お殿のつまみにいい感じ。

そして、タルタルソースなんかにもしてみました。

テヘヘッ、いい感じ♪2007008_22007008_1 自己満足。

 

| コメント (2)

えぇ?!緊急停止?!

先日、同僚のNちゃんと山手線に乗ったら、発車してすぐに緊急停止。

立っている人はみんなバランスを崩してて、Nちゃんも座っている人の方に倒れてしまった。しかも、その時に足に擦り傷も作ってしまった!

緊急停止の理由は、駆け込み乗車。

許せん!

気持ちは分かる、駆け込みたい気持ちは。

だけど、結局、目測誤って乗れないで、終いには緊急停止ボタンを押すような事態になるなら乗るな。

大体において、山手線なんて、田舎の電車と違って、待てばすぐに次が来るんだよ。

京浜東北でもいいじゃないか!

うちの実家のほうは昔、1本電車乗り過ごしたら30分来ないこともあった。そういう電車ならなんとなく気持ちが分かるけど・・・。

まったくだ!プリプリ。

でも、Nちゃんが降りてから、Nちゃんをキャッチしてくれたおじさんの隣の席が空いたので座ったら「お友達大丈夫でしたか?」と気にかけてくれていたその一声に和みました。

いい人だ・・・。

| コメント (0)

えぇ?!そこで喫煙?!

ただでさえ小うるさい総帥、先日目が飛び出る光景が・・・。

メトロの乗り換えで地下通路を歩いていると。

いかにも、とっぽい感じの若者男子がふたり、普通にタバコを吸っていたのです。

ありえない。

灰皿も何もない、人通りの多い朝の地下通路で!

タバコのにおいが充満していて「え?」と思って見てみたら、そんな人たちがいてビックリ。

驚きのあまり凝視。

あれでちょっとカッコイイと思っているのか?!悪い俺ら、いいんじゃね?!見たいに思っているのか?!

ありえない。

それでいいのか?!

注意する勇気もなかったけれども・・・おかしいよ!!ぷんすか!!

| コメント (0)

光GENJI

同僚ともんじゃ焼を食べ、カラオケに行きました。

楽しい時間でした。笑いすぎてほっぺたが痛い。

PVとか映像が豊富で、ま、私は「ベルサイユのバラ」を熱唱して、オスカル様の映像に興奮していたんだけども・・・。

中でも、光GENJIを歌ってくれた子がいるんだけど、なんと本人映像!224_hikarugenji

もー、ものすごく久々に光GENJIを見れたことに大・大興奮。

あー、おもしろかった。

あの頃は、夢中だったけど、今見てみるとものすごいいでたちしてたんだなぁ。

細っこい裸にデニムのオーバーオールだったり・・・。

若い子たちは、光GENJIの映像にキョトン顔。

・・・知らないんだ。そっか。

| コメント (0)

ピクルス作っちゃいました。

ぷぷぷ。

お殿に言われた「料理上手」を目指して、なんだかいろいろ挑戦中。

今回はピクルス作ってみました。

同量の白ワインと酢、にんにく(1片)、鷹の爪、塩コショウ、砂糖、ローリエをひと煮立ちさせて、自然に冷まします。

ピクルス向きと思われる適当な野菜を適当に切ります。(適当が好き)

清潔なビンなどに全部ぶちこんで冷蔵庫で冷やします。

2007007_4、5日たったら食べごろみたい。

どうなることやら~。

ちなみに私はきゅうり、にんじん、セロリを使ってみました♪

| コメント (2)

ヨーグルトアイス

総帥が尊敬するお姉さんと遊んだときに作ってきてくれたヨーグルトアイス。

おいしさのあまり「レシピを教えて~ッ♪」としつこくお願いしてしまったこのアイス。

ようやく作ってみました。

簡単だし、おいしいッ!!

得意気に紹介しちゃいたいと思います。

①生クリーム(1cup)を8分目くらいまで泡立てる。

②ヨーグルト(1cup)、砂糖(80g)、パイナップル(※)を混ぜる。

③冷凍庫に入れる。

④完全に固まるまで何度か混ぜる。

これだけ。

さわやかでおいしいのです!!

お試しあれ。

2007006_ ※パイナップルは細かく刻みます。アイスに入っていて邪魔じゃない程度。大きくてもお好みだと思います。本物をくりぬいても、カットフルーツでも、缶詰でもいいはず。私は市販のカットフルーツを使いました。甘いから砂糖控えめでもいいかも。果汁も使ってネッ♪

| コメント (2)

鉢植えのお手入れ

総帥のおうちにあるマダガスカルジャスミンの植木鉢のお手入れをしました。

結構前に大きめな鉢植えに植え替えしてあげたらぐんぐんツルが伸びてしまって、びよーんと垂れていました。

支えになる棒をホームセンターで購入して、どうにかこうにかぐるぐる巻きつけて、紐で縛って固定したり。

なんだかいっそう愛着が増しました。

総帥が結婚式のときにブーケにしたお花で、香りもよいです。

花言葉は「清らかな祈り」でっす。

そんなわけでちょっと思い入れがある植物でもあります。

この香りをかぐと結婚式を思い出すのよね~。初心、初心。

前のパキラちゃんみたいに愛情を注ぎすぎて根腐れしないようにがんばりまっす。2007005_2007004__1

| コメント (0)

ノブコ誕生日

ノブコが先日お誕生日を迎えた。

電話をかけると「あら!めでたい歳でもないわよ!」と言いながら若干ハイテンション。

しかも、後日妹からの密告によると、長年、不思議な関係を保っている父から、

洋服をプレゼントされたらしい。

そっとノブコの部屋に置いてあったらしい。

完全に家庭内別居ではある夫婦、もめごとも耐えない。

でも気づくと二人で健康センターに出かけていたりもする。

そして誕生日プレゼントをもらって浮かれているノブコ。

キャピキャピ、乙女のように洋服をあてがって「あら!いいじゃない!」などと妹に見せていたらしい。

到底理解できない夫婦だが、だから夫婦はおもしろい!と思えたりもする。

| コメント (2)

見えないオシャレ

先日、中学時代のバレー部の仲間と集会しました。

やー、ゆかいな時間でした。

そのうちのひとりは、まだまだフレッシュ!!

メールも若い!!服装も若い!!

やー、総帥感心しました。

バカみたいに若いわけじゃなくて、それなりにエレガントだし、努力している感じが見受けられる。

その子は、昔は確かにバカみたいにギャルだった時期もあるけど・・・。ふふふ。

変わらないのは努力家ってとこ。

今も昔も、がんばり屋さん。仕事も美容もちゃーんとがんばってるんだなってのが伝わってきました。

体力が衰えたとかそういう話は大嫌い!もう辞めよう!とさえぎって、オシャレの話にキラキラするその子はまぶしくて素敵でした。

ネイル、エクステ、ランジェリーなどなど。

ためになる話だったなー・・・。

223_sitagi 見えない部分のオシャレ、まー、下着だよね。

そんなの総帥、とっくの昔に忘れていたよ・・・。

「下着にお金かけるなら、洋服買っちゃうかも。」という総帥に「ダメダメ!ちゃんと意識しないと!」と言われるのが新鮮でした。

その子は下着はワコールでしか買わないそうです。

ははぁ~ッ!!さすがです。

総帥、自分を振り返ってみます。

かわいい下着を見て「キャハーッ!かわいいー!」っていう気持ちが大切なんですよ。うん。

| コメント (2)

住民税

そういえば・・・。

住民税の納付書が届いていたけど、値上がってるよね?!

上がるとは聞いていたけど、身にしみて感じました。

ありゃー!!!!!

痛い、正直痛すぎる。223_zeikin

払わなければいけないものだから支払いますけど、ちゃんと支払っている人がバカを見ないように有意義に使ってほしいものです。

難しいことはよく分からないけど、年金問題の国会での議論を眺めてると、本当に大丈夫なのか??と呆れてしまう場面も。

あんな小学生レベルの喧嘩みたいな言い合いで何か解決するんだろうか・・・。

かといって、解決策も勿論浮かばないけど。

今度、年金フリーダイヤルも電話してみようっと。

| コメント (2)

初めての梅酒作り

やりたい、やりたいとは思っていたものの、なかなか出来なかった梅酒作り。

おばあちゃんちとか、母が漬けていたのは飲んだことあるけど、おいしいんだよね。

そんなわけで私も挑戦してみました!

ちょっと色づいてる梅になっちゃったんだけど、1キロの青梅を購入。

後は氷砂糖とホワイトリカーを混ぜて、待つだけ。

1年くらい置いたほうが熟成するらしいです。

ウフフッ。楽しみ♪2007003_2007002_

 

| コメント (3)

梅雨入り?!

梅雨入り宣言を聞いたと思ったら、真夏日が続いてますね。

どうなってるんだ??

ラニーニャ現象という聞きなれない現象のおかげで、梅雨は短く、猛暑になるって天気予報で聞きました。

猛暑って毎年猛暑じゃん!

こうして年々気温が上がっていくのでしょうか。

恐ろしい。

人間が、本当にこのままではいけない!ってようやく気づいた頃には、もはや手の施しようもなく、そしてすごいスピードで大変な事態に陥るような気がしてなりません。

ひとりひとりが小さいことでも今はじめないと・・・ね。

紫陽花もピーカンなお日様にビックリしてることでしょう。

2007001_

| コメント (0)

復活!!

すっかりうっかり寝冷えで風邪を引いてしまいました。

間抜けです。

風邪が流行っているようなので、みなさんお気をつけください。

体調が悪いとどこまでも眠れます。

食べることも忘れ、寝続けました。

人はあんなにも眠れるんだなぁ・・・。

発熱すると体中も痛いし、鼻が詰まって息が苦しいし、いいことない。

健康一番です。

| コメント (0)

ファミレスにて

先日、ファミレスでお茶をしていると、隣の席に目が不自由な女性がひとりでやってきました。

「点字のメニューはありませんか?」という質問に、申し訳なさそうに対応する店員。

店長なのかな、結構落ち着いた年齢の男性店員さん。

点字のメニューがない変わりに、自分が全てのメニューを説明して、そのお客さんが食べたいものを丁寧に聞いてあげていました。

おぉぉぉ・・・なんて親切な対応なんだ・・・。総帥感激。

しかも、ドリンクバーも望むものを取ってきてあげて、ストローも袋から出して、コップにさして、置いた場所もきちんと相手に伝えてあげていました。

その次に対応した若い女性店員さんもとても親切。

トイレに行くのも腕を差し出して、エスコート。

が!!!!!!

その後に接客したこれまた若い女性が・・・。

ホントに残念な対応でした。

食べこぼしてしまったテーブルを拭いてくださいと頼むお客さんに対して、明らかに投げやりに対応する店員。

点字の本を広げたいから、濡れたふきんできちんと拭いてくださいと、お客さんも訴えます。

ますます投げやりな店員。

「濡れたふきんはありません、ちゃんと拭いたので自分で触って確かめてみればいいんじゃないですか?触ってくださいよ!」と声を荒げる始末。

濡れたふきんがないわけないだろー!

ビックリして、総帥、凝視。

思わず「ひどくない?」と声に出してしまいました。

すると我に返ったのか、少し声を和らげる店員。

ドリンクを持ってくるのを頼まれても、明らかにため息をつき、声もかけずに、どこに置いたのかもわからない状態のままその場を無言で去りました。

いろんな人がいるなぁ・・・。

自分のちょっとした対応で、相手の人が気持ちよく過ごせるなら、少し心を広く持ってあげてもいいじゃないか。

加減が難しいところだけど、あれはない・・・あれは。

| コメント (4)

【小説】陰日向に咲く

劇団ひとりの作家デビュー作品。

そして、岡田くん主演で映画化が決まった作品。

そのニュースを聞いてすぐに本屋へ駆け込みました。

目当ては岡田君だったんだけど、普通におもしろかったです。

劇団ひとり、なかなかやるな・・・。

オムニバス形式になっていて、ひとつひとつの物語は短いんだけど、全体的につながりがある感じで、一気に読んでしまいました。

でも・・・どの役を岡田君がやるんだろう。

どういう感じで映画になるんだろう。

いろんな意味で楽しみです。

まー、どの登場人物も全て劇団ひとりが演じているのがどうしても浮かんでしまうけどね。

小説書いている間も、何度も何度も声に出して全部のキャラ演じてたんだろうなぁ・・・とか。

それくらい力がこもってるんだろうなと感じる小説でした。

映画観る前にもう一度読もうっと。

| コメント (2)

断髪

221_danpatu 久しぶりに自分で前髪を切っちゃいました。

いつぶりだろうか・・・。

自分で切るとガチャガチャになるからもうやめた・・・と心に決めてからは美容室にいっていたのだけど。

うっとうしいのが嫌いなのです。

前髪は短いのがイイッ!

| コメント (0)

脱走

後輩指導に悩んだりもする総帥ですが・・・。

考えてみれば10年前は・・・。

あまりに仕事で小言を言われるのが嫌で嫌で屋上で、たそがれていたらうっかり鍵を閉められたことがあります。

いじめられたわけじゃなくて。

その会社は屋上が喫煙スペースになっていて、最後に出た人は鍵を内側から掛ける仕組みだったのですが、あまりに総帥のオーラがしおれていたのか、すみっこで小さくなっていたので、気づかれずに締め出されました。

ニヤリッ、このまま定時になっちゃえばいいのに・・・って思っていたけど、30分位して次に来た人に救出されました。

誰もいないと思って鍵を開けて入ってきたはずなのに、ドアを開けたら総帥がテヘヘッといるもんだから驚いていました。220_sinjin

それ以外にも追い詰められて、会社の隣にあった大きな湖に夜中脱走して泣いたこともありました。

先輩が探しに来てくれたっけなぁ。

そうやって周りの人に迷惑をかけながらここまできたんだっけなぁ。

電線を見上げては、切っちゃえばいいのかな、停電にしちゃえば帰れるのかなとか。

死なない程度に湖が氾濫しねーかなとか。

くだらないことばかり同期と話していた気がします。

ぷぷぷ。

そんな私を周りの人が育ててくれたんだっけなぁ。

私もがんばろう。うん。

| コメント (3)

指導の難しさ

後輩指導・・・これが目下の総帥の悩み。

今まで私を育ててくれた方から見たら驚きの状態ですが、最近ではすっかり総帥も姉さんキャラ・・・いや、母さんキャラなのです。

職場ではすでにお局で、新人相手に指導の難しさに日々うなっています。

注意するのって難しいですね。

私もここにくるまでたくさんの方に注意や指導を受けました。

チッ、うるさいな・・・とか、やだなぁ・・・とか思っていましたけど、あれって口うるさく言うほうもかなりストレスなんだなと学びました。

諸先輩方に感謝の気持ちです。

怒るほうがパワーがいるのだなぁ。

この子達にわかりやすいく教えたい、緊張感を持たせるために時に厳しく、嫌にならない程度に優しく。

難しい~ッ。

私は上手に教えられているのだろうか・・・。

凛としないとなぁ・・・。

| コメント (2)

【美術展】特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像」

東京国立博物館(上野)にて。

ダ・ヴィンチ初期の傑作「受胎告知」が日本にやってきていると話題の美術展。

上野が総帥のテリトリーでもあるので気になっていました。

学生時代、美術をほんの少しだけかじっていたので、その頃はわりとたくさんの美術展や画廊巡りをしたものです。

絵画をひとりで見に行くってはじめてかも・・・。

さすが三十路、さすが淑女。

なんつって。

気になっていたものの、なかなか残業の毎日で足を運べず、たまたま会社が電気の点検でパソコンが使えないということで、帰宅せざるを得なかった金曜日。

ダッシュで観にいきました。

平日の閉館1時間前にもかかわらずにぎわっていました。

でも休日はきっとこんなもんじゃないんだろうな・・・。

入り口に「『受胎告知』までの待ち時間」という看板も出ていました。

この日は「0分」でしたけど、結構待ちましたよ。

だから休日はちょっとしたアミューズメントパークのようになっていると思います。

さすが、ダ・ヴィンチです。

いよいよ、名画と対面。

正直、『受胎告知』の知識なんてほとんどありませんでした。

ミーハーな総帥、ダ・ヴィンチだからと思って観にきただけです。

でも本館特別室に足を踏み入れると・・・そのオーラに胸が高鳴りました。

だだっ広い空間の先に神々しいまでものオーラを放つ1枚の絵画。

その空間に十分な存在感。

219_tensai おぉぉぉ・・・・。

周りには人が群がっています。

近くで見るためには列に並ばなければなりません。勿論並びました。

おぉぉぉ・・・・・。

絵画の良し悪しはよく分からない総帥だけど、やっぱり天才と呼ばれた、かの有名なダ・ヴィンチ本人が、実際にその絵の前で何時間もの時間を費やし、悩み、筆を置いたのかと思うと、それだけで観た価値が十分にありました。

その後に、別館で行われている展示で、いかに『受胎告知』が計算しつくされた天才の妙技なのか、いろいろな角度からの分析がなされていて、ただただ感心。

っていうかさ、そういうことを発見する人たちもすごいと思う・・・。

それ以外にもダ・ヴィンチが生涯をかけて追い求めた、幅広いジャンルのことがらを知ることが出来ます。

残念ながら、1時間ではとても回りきれない・・・。

悔しいです。

もしかしたらもう一度行っちゃうかも。エヘヘッ。

美術館の雰囲気はそれだけで癒しです。

上野は特に広大な敷地にたくさんの美術館があり、木々の緑や噴水にも癒されます。

そういう穏やかな感じ、総帥、好き。

| コメント (2)

おじいさん・・・。

駅までの道のりで、結構頻繁に目撃するおじいさんがいます。

体が不自由で補助カートを押しながらゆっくりゆっくり進むので印象的。

いつも同じコンビニでなにやら酒を買っているように見えます。

しかも大量に。

そのおじいさんが、先日バランスを崩して道の真ん中で転がってしまいました。

慌てて駆け寄って体を起こすのを手伝いましたが、立ち上がるというのがまた難しいらしくて、道の端まで連れて行き、手すりに捕まりながら自分で立ち上がりました。

幸い怪我はなかったみたいですが、言葉も不自由でうまく聞き取れません。

体に障ると驚くほど痩せています。大丈夫なのかしら・・・。

その間も通り過ぎる人はたくさんいたのに、誰一人声をかけて手伝ってもくれないし、まだ道の真ん中に転がっている補助カートをよけてくれる人もいない、「テメェら!」と思ったものの、手伝ってくれないなら自分でやるしかない。

戻ってカートを持ってくると・・・やっぱりそこには大量の日本酒のミニパック!

ひとつやふたつじゃありません。10、20のレベル。

どんだけ飲むんだよ!これが体によくないんじゃ・・・。

おせっかいな総帥ムズムズしちゃいました。

でも、好きなようにしたいのかしら。

いろいろあるんだろうな。なんだか切ない。

| コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »